a capricho

ほんのりカメラ風味な日々。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

今年もありがとう 


四天王寺にて

OM-1 (FUJI SUPERIAvinus400 / COSINA28mm/f2,8MC MACRO)



あなたと一緒に

色々なところへ行って

色々なことを感じて

色々なものを見ることができて

とても充実した年でした




今年もありがとう

そして来年もよろしく
スポンサーサイト

Photo Christmas 


教会

OM-1 (FUJI NATURA1600 / COSINA28mm/f2,8MC MACRO)





慎ましやかにキリストの生誕を祝う教会。
イルミネーションが派手派手しくなくて綺麗でした☆




窓

ドーナツとバウムクーヘンを売っていたお店。



ドーナツ

そして、そのお店の天井からドーナツが(*^.^*)

2つとも
OM-1 (FUJI NATURA1600 / COSINA28mm/f2,8MC MACRO)




梅田のスカイビル下にクリスマスのイルミネーション
ビルの真下に大きなツリーと
ちょっとした出店とかメリーゴーランドとかあって。
去年も彼と2人で来たのだけれど‥‥。

まさか1年後、2人して一眼レフ持って再びココを訪れることになるなんて(笑)

痛いのよ、ツメが。 

ピンクのバラ

OM-1 (FUJI SUPERIAvinus400 / COSINA100mm/f3,5 クローズアップアダプター使用)






ピンクやオレンジのちょっと淡い系の色味のバラが好き







今週は残業だ何だと色々あって帰宅が遅くてなかなか更新できずにいまして‥‥(;^_^A
今日も家に着いたのは23時過ぎでした(;´д`)トホホ
ま、でも前の仕事と違って残業が苦にはならないので、その点は心配なしですが。

それより、今こうしてキーを打っている右手の人差し指のツメが‥‥とんでもないところで折れてしまって痛いのなんの!!

怖くて絆創膏が剥がせません(-ω-;)ウーン




どうでもいい話でした(苦笑)

一つの終わり 


交差点

プラモデルカメラ





こんなにたくさんの人とすれ違うのに

人生で交わるのはほんの一握りの人だけ


なんとなくかなり前の写真を蔵出ししてみました。
大阪の中心、梅田の交差点にて。


今日はちょっぴりセンチメンタルなお話を。

昨日で、約8年勤めた職場での仕事が終わりました。
12月1日付で異動はしたのですが、ちょっとした事情があって少しの間戻ることになっていまして。

で、昨日は最後の日ということでお世話になった方に挨拶回りをしました。
正直なところ、職場自体に未練は全くといっていい程ありません。
むしろ異動したくて仕方が無かったので、今回は願ったり叶ったりだったわけで。
ですが、挨拶して回ってると色んなことが次々と思い出されてきて、その人その人との関わりがあり、私はその度に育てられ成長して、そして今の私がいるんだなって実感するとともに、もう一緒に仕事をすることはないんだな~って考えるとやっぱり寂しい気持ちになりました。

そして、最後に直接関わった上司とだけは結局相容れることができなかったこと。
確かに私は彼とは仕事に関する様々なことで悉く意見が合わず、それはまぁ噛みつきましたし、そういう経緯もあって彼を信頼することはできませんでした。そんなこんなで私が彼のことを良く思ってはいなかったように、彼も私を煙たく思っているということは前々から判ってはいましたが、やっぱり最後くらいは、ね。
何か一言でもあれば‥‥と一縷の望みも虚しく、私が去ることに何の関心すら示すことはありませんでした。
(ちなみに本来うちの職場では誰かその日に退職する人がいるときは朝礼でその告知をするのが通例となっている、にも関わらず、です)

「あぁ、この人はやっぱりこういう(筋の通らないことを平気でする)人やったんやな」

と痛感するとともに、この人には挨拶をする気にはなれず、一言も交わすことなく職場を去りました。

まぁ、アレですね。
世の中どんなに努力しても合わない人っているということ。
身を以て知りました(苦笑)

そんな人もいましたが、本当に良くしてくださった方が沢山いて、心から感謝して止みません。
この場を借りて、再度お礼を言わせていただきます。

仕事の愚痴からプライベートな話まで何でも話し合えた、この職場で私が全幅の信頼を置けた高木さん、
少年時代から大切に持っていたカメラOM-1nを譲ってくれた渡辺さん、
いつも程よく仕事を与えてくれ話相手になってくれ、最後には会社のマスコットキャラのグッズを沢山袋に入れて餞別に、と下さった玉井さん、
いつもろう付け技能を熱心に指導していただいた上、食事もご馳走してくださった浦田さん、
S1立ち上げからずっとはねっ返りの私を育ててくださった浜口さん、
公私ともにお世話になり、次の仕事に役立つ餞別までくれたとしぼう、
「送別会はいらない」といった私に「送別会の代わりに」と言ってお寿司をご馳走してくれたダンディー、
仕事中通りがかる度に地元話やガンダム話でちょっとブレイクさせてくれた水野谷さん、
そして一緒に社員に上がって、あっという間に管理者となって私の良き理解者として相談者としていつも力になってくれた大角君、
他、まだまだ言い出したら沢山いますが。

本当にありがとうございましたm(_ _"m)


* 仕事と関係のない読者の方、私信で申し訳ございません(;^_^A

紅葉終い 


小さな子でも

OM-1 (FUJICHROME Vervia100F(RVP F) / F.ZUIKO50mm/f1,8)





この子の見つめている景色は‥‥。







答えはコレです。

東福寺

OM-1 (FUJICHROME Vervia100F(RVP F) / F.ZUIKO50mm/f1,8)




紅葉撮影の最後を飾るのはまたまた京都にあります東福寺。

この橋からの景色がとても有名だそうで。
通る人皆が立ち止まり、この景色をカメラに収めようとごった返し(^▽^;)
なんて言いながら、私も例に漏れず撮影してきました(↑それが上の写真です)★

さぁ、気がつけば秋も終わって本格的な冬の到来ですね~。

和尚も走り回るほどの忙しさ、まさに師走ですが、何を撮ろうかな。・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜
なんてそんなことばかり考えてしまう今日この頃です。

フォトジェニックインセクト 


浮遊光

OM-1 (FUJI SUPERIAvinus400 / COSINA100mm/f3.5MACRO)





出来上がった写真の中には

思ってもみなかった幻想的な世界がありました


実は近くによってみてみるとコレ‥‥‥

無数の「小バエ」が逆光で光っているだけでした(笑)



こんな風に写っているなんて思いもよらなかったので驚きですw(゜o゜)w

紅葉週間 その3 

甕にもみじ


甕の上でゆらゆらと浮かぶもみじの葉。






一面の紅葉


画角いっぱいの紅葉。




2枚とも、
PEN-FT (FUJI SUPERIAvinus400 / COSINA100mm/f3,5MACRO マウントアダプター使用)


今回使ってみて思ったこと。
PEN-FTは風景写真にはあんまり向いていないのかも(;^_^A アセアセ

紅葉週間 その2 

もみじと二人





紅葉の下で和む二人。
後ろからパチリ。



永観堂のお茶屋




京都・永観堂内にあったお茶屋。
みたらしだんごを食べながらちょっと休憩しました(⌒¬⌒*)


上下ともHOLGA120N (FUJI REALA100)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。